SanDragon

お土産は買う側も貰う側もどちらも楽しいものです。


29日の午後に新幹線で東京駅から宮城へ帰って来ました。
毎回、実家へお土産を買ってから帰るのですが、毎回のように何を買って帰るかでかなり悩みます。
昔は東京土産と言ったら代表的なものは限られていてむしろ買い易かったのですが、最近は東京を代表するものではなくとも、ここでしか買えないといったレアなお土産や有名店のお土産がたくさんあるため、あれこれとけっこう悩みます。

私は東京駅から新幹線に乗って毎回帰省するため、新幹線に乗る前に実家へのお土産を買うのですが、実家にいる姪っ子や甥っ子のリクエストにも答えなければなりません。

姪っ子はちょっとした食物アレルギーがあるため、食べられないものもあるのでそれを考慮して、そして本人が好きでいつもリクエストされる舟和の「芋ようかん」は必ず買って帰ります。

舟和の「芋ようかん」は純粋にさつまいもだけで作られているため、小麦や卵のアレルギーのある姪っ子にはピッタリなお菓子です。実際に姪っ子意外の私たちも美味しくて好きなので、この商品は我が家のお土産の定番であり、みんなに人気のあるお菓子です。

アレルギーのある方へのお土産としてもなかなかおすすめだと思います。



いちご味のクリームが入ったクッキーについて

そして、これだけではなく、必ずもうひとつはお土産を買って帰りますが、今回はいろいろ悩んでこの期間限定のいちご味のクリームが入ったクッキーを買って帰りました。

もともとはこのお店ではチョコレートやバニラクリームの入ったクッキーが定番のようですが、冬から春先にかけての限定商品として発売されていたいちごクリームの入ったクッキーを買ってみました。
お土産なので買って帰り、渡した相手に喜んでもらえるようにと思って選んで買うのはもちろんですが、実際に私自身も一緒に食べるので私が食べてみたいものも考えます。
そのため、そのお店の定番の定番商品はもちろんですが、期間限定のいろいろな新しい商品を探してみるのも楽しいです。

結局、お土産を選んで買う自分自身の楽しみにもなっているような気がします。

実際に今回もお土産を買って帰ったら家族みんなに喜んでもらえ、みんなであっという間に食べきってしまいました。買って行った私としても嬉しかったです。

また、次に帰省するときにはその時期に合った期間限定の商品がきっとお店に並んでいると思います。

今からワクワクするし、今から次の帰省が楽しみです。


»コラム・エッセイのページへ戻る





ライター紹介

今年の仕事が終了し、年末年始の休みを利用して現在は宮城県内にある実家に帰省中です。

アーティスト紹介

@sandragon965

いろんな敵とこっそり戦う画家
とにかく、今の状況を脱するためにリアリズムという作品を制作することにした。(画家をしております。個展の案内はメールで配信します。登録はこちらです!!)
»プロフィール»インスタグラム»twitter

ニュースレター登録

個展の案内をメールで配信しております。
詳しくはこちら
↓メールアドレスを入力してください