SanDragon

国民保守党は今回の参議院選挙出馬せず

この記事は2019年7月2日時点での文章です

チャンネル桜の水島社長は6月29日、30日の街頭演説で国民保守党が今回の参議院選挙に候補者を立てないと発言した。
国民保守党の実行部隊である国守衆の組織作りを優先するということだ。
また、国民保守党は参議院選挙へ候補者を擁立する力も十分ではないという趣旨の発言をした。
また、街頭演説にて全ての政党が腐敗堕落している現状を語った。

水島社長からの提案

今回の選挙ですべての政党を応援したくない、また、今の政治の現状を否定をするいしを選挙で表明したい場合、抗議の意味として投票用紙を白票で出す、もしくは「国守衆」と書いて投票するということを提案した。
あるいは、消費税増税反対などの意見を書いて投票することも提案していた。


投票は無効票となるが、無投票とはまったく違うと言う。

この無効票が、選挙の中で10%、20%、30%と増えると国民の意思を政治に伝える結果となる。

選挙に行くが、現在の政党を全く支持しないという国民の意思を政治に届けることは、選挙に行かないのとは全く違うという。

現在の政治への不信感は無効票を出して民意を伝えるという手段があったことに気付かされた。




2019年7月2日  画家の落石さん(SanDragon)
»コラム・エッセイのページへ戻る

プロフィール

画家の落石

DIYに生きる画家
最近は家の倉庫をトタンから焼杉へ張り替えた。。
»プロフィール»インスタグラム

ニュースレター登録

個展の案内をメールで配信しております。
詳しくはこちら
↓メールアドレスを入力してください